今の位置 ホームページ > 健康食品 > 冬虫夏草(とうちゅうかそう、ふゆむしなつくさ/冬虫草/冬虫

商品目錄

健康食品
中国茶

ブラウズした記録

冬虫夏草(とうちゅうかそう、ふゆむしなつくさ/冬虫草/冬虫
冬虫夏草(とうちゅうかそう、ふゆむしなつくさ/冬虫草/冬虫
  • 品番:S1103016
  • 販売価格:8000円
  • 商品代金:
  • 購入数量:
  • 商品規格:

商品の説明:

規格紹介

冬虫夏草(とうちゅうかそう、ふゆむしなつくさ、Cordyceps sinensis (Berkeley) Saccardo)は、子嚢菌門核菌綱ボタンタケ目バッカクキン科冬虫夏草属の菌類の一種。コウモリガ科の蛾の一種の幼虫に寄生する。一般にはこの定義だが、昆虫に寄生する菌類は他にも自然界に多数存在し、それらも合わせて「冬虫夏草」と語られる場合もあるので注意が必要とされる。
中国では冬虫夏草の子実体を菌核化した宿主をつけたまま採集して乾燥し、漢方の生薬もしくは中華料理の薬膳食材として珍重してきた。 四川料理における利用では、下ごしらえをしたアヒルの腹に湯で戻した乾燥冬虫夏草を詰め、ネギ、ショウガ、紹興酒など加えてじっくり煮るスープ「虫草鴨子」(チョンツァオヤーズ)が最も著名である。他にも、スッポン、アワビ、雄牛の生殖器などと煮込む料理も供されている。冬虫夏草はこれらの料理としてじっくりと煮戻しても、あまり柔らかくならず、味らしい味も感じにくい。
冬虫夏草を食材とする文化は本場中国だけにとどまらず、中国周辺の地域にも伝播している。例えば、朝鮮半島では、亀や冬虫夏草などを用いた八卦湯(パルガタン)という料理が存在する。
他に、生薬として健肺、強壮効果、抗がん効果があるとも言われ、薬酒を作る材料として、また、健康食品としてのエキスを抽出するのにも利用される。董艶梅、姜波、曲雲霞ら、馬俊仁コーチが指導した馬軍団所属の陸上競技選手は冬虫夏草エキスを摂取して好成績を残したとも言われる。
高価で取引される冬虫夏草の採取は、高原で生活するチベット人にとって、貴重な現金収入を得る手段の一つとなっている。一方で、高価で取引されるため、別の種類の虫草を偽って販売することや、形の似た植物や石膏で作った偽物を販売して問題となる事例もたびたび発生している。

会員の評論(共0条評論)

  • しばらくまだいかなる会員の評論がない
總計 0件商品,共 1 頁。 第一頁 前へ 次へ 最後頁
会員名: 匿名の会員
E-mail:
評論の等級:
評論の内容:
個人情報保護 | 注文方法 | EMS追跡 | Sitemap XML