今の位置 ホームページ > 中国茶 > 黄山毛峰茶(こうざんもうほうちゃ)

商品目錄

健康食品
中国茶

ブラウズした記録

黄山毛峰茶(こうざんもうほうちゃ)
黄山毛峰茶(こうざんもうほうちゃ)
  • 品番:S1402122
  • 販売価格:11500円
  • 商品代金:
  • 購入数量:
  • 商品規格:

商品の説明:

規格紹介

黄山毛峰茶(こうざんもうほうちゃ)は、中国安徽省歙県の名山黄山を産地とする緑茶である。所謂「十大名茶」の一つ。
「名山は名茶を産する」というスローガンのもと、廬山雲霧の後進として、清の光緒年間に、黄山の周辺の茶畑で作られる様になったのが、現在の毛峰茶の直接の起源である製法は、採取した茶葉を、蒸すのではなく高温で煎る。その時間が、龍井茶よりも長いことから、緑茶ではあるが黄緑がかった色をしている。茶葉の形状が、採取した時のままの形を保っていることを最上として「雀舌」と形容する。且つ高級になる程、茶葉に白い産毛がある。それらを称して「白毫披身、芽尖似峰」と言い、毛峰の語源となっている。 良質の黄山毛峰を形容する「雀舌」は別名「毛尖」とも呼ばれている。黄山の巍巍たる峰に因んで、黄山毛峰の場合を特に毛峰と呼び習わしている。 他の地域で同じ手法で作られる茶葉は、形が「雀舌」であっても、例えば「信陽毛尖」「都均毛尖」と呼ばれ、毛峰と呼称されることはない。
ただ、一般的な茶行で購入できる毛峰茶には、白い産毛を確認することはほとんど出来ない。
味は、草の香を少し残しており、口に含んだ時に感じる茶の味と苦みが混ざることで、毛峰茶に特有の生草の香を含んだ茶の風味を特に「白蘭」と表現している。碧螺春と同様に、白い産毛が多いほど、風味が高くなる。

飲用方法は:
飲み方は、コップ等の飲用容器に茶葉を好みの分だけ入れ、81〜90度の熱湯を加える。飲む時は、茶をコップの三割ほど残して、その都度お湯を加えてゆく。それを繰り返して数杯は堪能できる。出涸らしになってきたところで茶葉もろとも茶を捨てる。

 

会員の評論(共0条評論)

  • しばらくまだいかなる会員の評論がない
總計 0件商品,共 1 頁。 第一頁 前へ 次へ 最後頁
会員名: 匿名の会員
E-mail:
評論の等級:
評論の内容:
個人情報保護 | 注文方法 | EMS追跡 | Sitemap XML